tabmusics.net

近隣アジア旅行での心得

近隣アジア旅行での心得

近隣アジア旅行での心得 日本の旅行者で近隣のアジア国へ旅行する人が多いです。理由は様々ですが、特に多いのは物価が日本に比べ安い、飛行時間が短い(日本から近い)、親日国が多い等が挙げられます。ここで、近隣アジアへの旅行者が多く経験する海外トラブルがあります。それは食あたりや香辛料等の刺激物による胃への刺激による下痢です。同じアジア国であっても食べるものは全く異なります。特に刺激物は日本に比べどの近隣アジア国も食べ物としてあります。又、水も大きく影響してきます。ミネラル分の多い硬水であるため、下痢症状を起こす人は少なくありません。特にマグネシウム含有量が多いミネラルウオーターは胃腸の弱い方は影響を受けやすいとされています。そのため、多くの日本人旅行者は飲食に悩まされます。なので、胃腸薬等を常備しましょう。

次に気を付けたことが貴重品の盗難です。近隣アジア国(その他の国も含む)では日本と比較し圧倒的に盗難が多いです。特に日本の旅行者を狙う人が多いです。財布やパスポートを所持して歩行や電車、バスを利用する際はバッグはジッパー付きのものを使用し、ショルダータイプで自分の正面にバッグがくるようにしましょう。又、ホテルに着いたら先ずセキュリティボックスにてパスポート等の貴重品は保管しましょう。外を出歩く時は、所持金は必要最低限にしましょう。

おすすめ記事

Copyright (C)2019近隣アジア旅行での心得.All rights reserved.